|admin|RSS1.0|Atom0.3|
家族みんなで作る『せがれ米』! 特別栽培米です!
<< 美味しくみせるコツ!! | main | 2014 パルシステム生消協総会 >>

♯ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

:-::
| | - | - | |

♯ 2014庄内協同ファーム生産者集会

 2014庄内協同ファーム生産者集会が行なわれた。会場は鶴岡市藤島 産直'楽々,2階。
この会はファーム組合員や准組合員、職員などが農産物にかける思いや理念をいま一度確かめ合う会。



 小野寺喜作代表↓の挨拶から始まり、事業管理部、有機JAS委員会、生産履歴委員会からの昨年度の活動報告と今年度の活動報告、また、今日の会を準備してくれた安心安全委員会からの取り組みについて報告を受ける。


 午後からは来賓の方々からの講演。
第1部は生活協同組合 あいコープふくしまの佐藤 孝之理事長↓。
 「震災から3年、みんな元気を取り戻してきているが、原発には今だに20ものメルトダウンした固まりが存在している。嬉しいことは福島の農産物が食べられるようになった事。組合員には広報などを通して正しい情報を発信していきたい」との事。原発が残した負の遺産は大きいと思った。





 第2部は株式会社 秋田テクノデザイン 今田淳容さんの講演。演題は「ブラシローラー型水田除草機の現状」。


 試作段階のブラシローラー除草機↓


 機体はホバークラフト式。船底部に浮上ファンから空気を送り込み,船体を浮上させて航走し、地上・水上・雪上を区別無く進むことのできる乗り物。


 機体を進めさせながら白いブラシ↓を回転させ株間と条間の土を掻き回し除草する。田植え4日後であれば根も活着しているので稲は傷めないとの事。有機栽培は除草対策が一番の課題。完成したら絶対に購入したい!!


 第3部は山形農業総合研究センター水田試験場の安藤 正先生の講演。題名は「有機農業に関する試験研究成果報告」。チェーンを使った除草方法や作業体系、雑草が生えることによる減収尺度、ファームで使用しているJAS適合肥料の効果的な使用方法を話してくれた。


 庄内協同ファームの組合員の気持ちを一つにして、これからもお客様に喜ばれる農産物作りに励んでいこうと思った。

 
:-::
| 21:35 | comments(1) | trackbacks(0) | |

♯ スポンサーサイト

:-::
| 21:35 | - | - | |

♯ コメント

その節はお世話になりました。

ブラシローラー型水田除草ロボット開発に挑戦中の今井です。

ブログでご紹介ありがとうございます。
少しでも早くお役に立てるよう頑張ります。

これからも、ご声援宜しくお願い申し上げます。
| 水田除草 | 2015/04/03 4:43 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

≡CALENDAR ×
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
≡SELECTED ENTRIES ×
≡ARCHIVES ×
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡RECOMMEND ×

 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き] 

  
≡ABOUT≡